天せいろの食べ方について解説

2023/01/01

天せいろの食べ方についてご存じでしょうか。
なかには、「美味しそうだから注文したけど、詳しい食べ方が分からない」という方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、天せいろの食べ方について説明しますので参考にして下さいね。

▼天せいろの食べ方について
■まずはそのまま
訪れた店が手打ち蕎麦のお店であれば、挽きたての蕎麦粉の風味をしっかり受け止めましょう。
最初のひと口は、そばつゆ、薬味なしでそのまま食べて鼻に抜ける繊細な風味を堪能できます。

■つゆに少しだけ付ける
そばつゆに、蕎麦の下1/3など少量をつけて食べます。
香りを感じるためという意味もありますが、関東風のそばつゆは味が濃いので先の方だけに少しつける程度でちょうどいいのです。
ただ、自分の好みで変えても大丈夫です。

■薬味は蕎麦に乗せる
ねぎやわさびなどの薬味は、その都度蕎麦にのせて食べた方が風味を味わえます。
もちろん、つゆに入れるのもNGというわけではありません。

■途中で切らずに一気にすする
つゆに付けた蕎麦は、すぐに伸びてちぎれてしまいます。
途中で嚙み切らずに一気にすすり、麺の喉越しを楽しみましょう。

■天ぷらの薬味も具に乗せます
天ぷらの薬味も、具材に乗せて食べましょう。
そのほうが風味を感じることができます。
ただ、これも薬味を入れてはいけないということではありません。

■食後には蕎麦湯をいただく
残ったつゆの器に蕎麦湯を入れて、適度に薄めていただきます。

▼まとめ
麺をすすって食べることによって、麺の喉腰や梅雨の風味を楽しめます。
懐石料理のような厳格なマナーはないので、楽しく食べましょう。
蕎麦 石はらの天せいろは、新鮮な素材を使った天ぷらでサクサクとした食感が秀逸です。
ぜひ美味しいお蕎麦を食べて心も体もリフレッシュしてください。