子どもに蕎麦を食べさせてよいのは何歳から?

2022/03/22

離乳食が終わったお子様に、何を食べさせようか迷ってしまう親御さんは多いですよね。
中でもアレルギーがある食材である蕎麦は「何歳から食べさせいいものか…」と考える方がいるのではないでしょうか。
今回は、何歳から子どもに蕎麦を食べさせるのが一般的なのか、蕎麦を食べさせるときの注意点も併せて解説していきます。

▼子どもに蕎麦を食べさせてよいのは何歳から?
蕎麦にはさまざまな栄養素が含まれており、子ども成長にも良いとされています。
しかし、アレルギーがある食材なので、子どもに食べさせる際は十分注意しなければなりません。
基本的には、離乳食が終われば蕎麦を食べさせても問題ありません。
とくにはっきりとした決まりはないので、1歳を過ぎたころを目安に食べさせてみてください。

▼小さな子どもに蕎麦を食べさせるときの注意点
■少しの量から様子を見る
初めて蕎麦を食べさせる際は、一気に多くの量を与えないようにしましょう。
まずは1本を短く切って少しずつ食べさせ、食後2時間程度はアレルギー反応が出ないか様子を見ることが大切です。

■体調が悪いときは食べさせない
体調が悪いときにアレルギーの心配がある食材を食べさせると、アレルギー反応が出やすくなり、さらに悪化するリスクも高まります。
そのため、子どもの体調が良いときに食べさせるようにしましょう。

▼まとめ
蕎麦は、1歳を過ぎたころを目安に少しずつ食べさせてみてください。
アレルギーが出る可能性もあるので少量ずつ様子を見ながら食べさせ、食後2時間ほどは以上がないかしっかり観察しておくことが大切です。
また、体調が悪いときに食べさせるとアレルギー症状が出やすいので、体調が良いときに食べさせましょう。