蕎麦がきの作り方を詳しく解説

2022/09/01

そば屋で酒のつまみとして提供される「蕎麦がき」。
この蕎麦がきは通常の蕎麦と違い伸びることがないので、ゆっくりいただけることをご存じでしょうか。
今回の記事では、蕎麦がきの作り方を解説します。

▼蕎麦がきの作り方
蕎麦がきの作り方は基本的には「椀掻き」と「鍋掻き」の2種類です。
最近では、電子レンジでも作られるようになりました。
それぞれの作り方を紹介します。

■椀掻き
最も簡単な蕎麦がきの作り方です。

①そば粉をお椀などの器に入れ、熱湯を少しずつ注ぐ
②箸を使用し勢いよくしっかり混ぜ、全体が均一に混ぜます
➂お好みでめんつゆをかけてねぎ・わさびなどの薬味をのせます
④きな粉と黒蜜をかけて、お汁粉にしていただきます

■鍋搔き
①小鍋にそば粉と水を入れながら溶かしきる
②火にかけながら木べらを使い、素早くかき混ぜます
※火の温度が高すぎるとダマになりやすくなってしまうので注意しましょう
③弱火でダマがなくなって、滑らかになるまで練り上げていただきます

■レンジを使った作り方
①レンジ対応の容器にそば粉と水を入れ、箸を用い粉が完全に溶けるまでよく練ります
②練り終わったら、ラップをして電子レンジ入れ加熱します
③加熱後、そばつゆにつけてお好みの薬味を添えていただきます

▼まとめ
蕎麦がきの作り方は「椀掻き」「鍋搔き」の他に、レンジを使った調理法があります。
蕎麦搔きは麺状にした蕎麦と違い、伸びることがないため、お酒のつまみとして食べることができます。
もちろん、蕎麦 石はらでも蕎麦掻きをご用意しており、新鮮な蕎麦粉を使用しないとつくれない逸品です。
ぜひ一度ご賞味ください。