蕎麦の打ち方とは?

2022/06/01

蕎麦を1から作ってみたいと思った方は、決して少なくないでしょう。
しかし、蕎麦を作るには基本となる"打ち方"から知っておかなければなりません。
そこで当記事では、蕎麦の打ち方について紹介します。

▼蕎麦の材料
蕎麦の材料は「蕎麦粉」「小麦粉」「水」の3つです。
一人前であれば蕎麦粉400g、小麦粉100gを用意しておきましょう。

▼蕎麦の打ち方
蕎麦の打ち方は、以下の4ステップです。

①蕎麦粉と小麦粉をふるう
蕎麦粉と小麦粉を円を描くようにしながらふるいましょう。

②水を入れて混ぜる
粉全体の量に対して40%くらいの水を入れてから、粉がまとまるまで混ぜます。
無理にこねて繋げるというよりも、水の力だけで自然にまとめるようにするのがコツです。

③練る
粉がまとまったら練ります。
練れば練るほど蕎麦にコシがでるため、上手く調整していきましょう。
ただ、最初は難しいと思いますので生地に艶が出てくるまで練れば大丈夫です。

④生地を平らにする
丸めた記事を平らに伸ばします。
最初は手で丁寧に伸ばしていき、手で伸びなくなったら麺棒を使用していきましょう。
生地が伸びきったら包丁で切れるサイズに畳み、生地の完成です。

▼まとめ
蕎麦を1から作るときは、最初はとても苦労するでしょう。
しかし、慣れていけば綺麗な生地を作れるようになりますので、気になる方は調整してみてください。
蕎麦屋「石はら」では、本格手打ち蕎麦が楽しめます。
本格的な蕎麦をご提供していますので、いつでもご来店ください。