蕎麦職人になるまでの道のりについて

2022/05/01

蕎麦職人に憧れている方は、年々増えている傾向にあります。
このような方は、一流の蕎麦職人になるまでの道のりについて興味があるのではないでしょうか。
そこで今回は、一流の蕎麦職人になるまでの道のりについて紹介していきます。

▼蕎麦職人になるまでの道のり
■「包丁三日・のし三ヶ月・木鉢三年」
蕎麦職人の道のりのことを「包丁三日・のし三ヶ月・木鉢三年」と言われています。

・包丁三日:包丁を使って均一な太さに切るには3日
・のし三ヶ月:捏ねられた蕎麦をめん棒で均一な厚さに広げるのには3か月
・木鉢三年:蕎麦粉を水に馴染ませて捏ね上げていく技術を習得するには3年

特に蕎麦は捏ねる工程で味が決まりますので、とても大切な工程です。
天候などによって適切な水の量は毎日変わるので、一流の蕎麦職人になるには3年以上かかります。
つまり一通りの技術を身に着けた蕎麦職人になるだけでも、3年以上は必要ということなのです。

▼蕎麦職人になる方法
蕎麦職人になるには「蕎麦屋で働く」「プロ育成講座で学ぶ」の2方法あります。
蕎麦屋で働く方法とは職人の下、現場で経験を重ねて技術を習得します。
蕎麦職人としての技術が身に付くことはもちろん、接客技術も学べるでしょう。

「将来自分の店を構えたい」という方に、おすすめです。
プロ育成講座で学ぶとは、学校などで蕎麦の打ち方などを学ぶ方法です。
講座によって期間が異なりますが、数週間から数か月で蕎麦打ちの技術を学べます。
「すぐにでも独立して蕎麦職人として仕事がしたい」という方に、おすすめです。

▼まとめ
蕎麦職人になるまでの道のりは、3年以上は必要です。
近年ではプロ育成講座があり、最低限の技術は短期間での習得ができます。
しかし一流の蕎麦職人になるためには、かなりの時間がかかると言えるでしょう。
当店では、高い技術を持った職人が蕎麦粉を厳選して打っております。
「最高の蕎麦を楽しみたい」という方は、ぜひ当店へお越しください。