蕎麦とお酒の深い関係について

2022/04/22

蕎麦好きの方は、お酒が好きという傾向があると言われています。
実は「蕎麦とお酒には深い関係がある」ことをご存じでしょうか?
そこで今回は、蕎麦とお酒の深い関係について説明していきます。

▼蕎麦とお酒の関係
■上酒と蕎麦前
お蕎麦屋さんに行くと、お酒にまつわる言葉がいくつか残っています。
その1つが「上酒(じょうしゅ)」です。
蕎麦屋ではお酒のことを上酒といい、この呼び方には特別な理由があります。

江戸時代の居酒屋では、量り売りの日本酒を薄めて提供していました。
しかし蕎麦屋では、上等なお酒が提供されていたのです。
そのため蕎麦屋のお酒は「上酒」と呼ばれており、その名残が現在も残っています。
また「蕎麦前」という言葉があります。

蕎麦を茹でるには時間がかかっていたので、間にお酒を出していました。
そのため、蕎麦を食べる前に飲む日本酒のことを「蕎麦前」と呼んだのです。
このようなことから、蕎麦とお酒には深い関係があることがわかりますよね。

■蕎麦屋酒という言葉もある
蕎麦と酒の関係を表す言葉には「蕎麦屋酒」というものがあるのです。
江戸時代の蕎麦屋が出すお酒は、美味しいと有名でした。
そのため蕎麦好きの方は、自然にお酒を嗜むようになると言われていたのですよ。
このような言葉が残っていることから、蕎麦とお酒には深い関係があることが伺い知れますね。

▼まとめ
蕎麦とお酒の関係は、江戸時代からの深い歴史があります。
昔の名残から、現在でも「蕎麦屋と日本酒」とイメージされる方が多いんですよ。
当店では、美味しい蕎麦とお酒を提供しております。
「最高のお蕎麦とお酒を楽しみたい」という方は、ぜひ当店へお越しください。