歯ごたえが良い状態で蕎麦を食べる方法とは

2022/04/15

蕎麦好きの方なら、できるだけ歯ごたえの良い状態で食べたいですよね。
しかし店では美味しくても、家で歯ごたえの良い蕎麦を作るのは難しいと思います。
そこでこの記事では、蕎麦を歯ごたえの良い状態で食べる方法について紹介しますね。

▼歯ごたえが良い状態で蕎麦を食べる方法
■茹で時間は正確に計る
蕎麦の歯ごたえは「茹で方で決まる」と言っても過言ではありません。
そのため茹で時間は、正確に計ることが大切です。
例えば、茹で時間が少し早ければ中に火が通り切りません。

食べれば粉っぽい感じがして、歯ごたえは感じられないでしょう。
反対に、茹で時間が長ければ蕎麦がのびてしまいます。
そのためプツッと切れるような歯ごたえはなく、味が薄く感じるでしょう。
歯ごたえのある蕎麦を茹でるためには、パッケージに書かれている時間を正確に守りましょう。

■テーブルに届いたらすぐに食べる
蕎麦は、テーブルに届いたらすぐに食べることが大切です。
ちょっと置いておくだけですぐにのびてしまい、歯ごたえを感じられなくなってしまいます。
冷たい蕎麦であっても、少し待つだけで歯ごたえは失われます。
もちろん食感だけでなく風味も落ちますので、蕎麦は「届いたら早めに食べること」を心掛けてくださいね。

▼まとめ
蕎麦を歯ごたえの良い状態で食べる方法は「茹で時間を計る」「テーブルに届いたらすぐに食べる」です。
蕎麦はデリケートな食べ物ですので、ちょっとした加減で美味しさが変わります。
美味しく蕎麦を食べるために、上述したことを参考にしてみてくださいね。
当店はで熟、練の経験で常にお客様に最高の蕎麦を提供しております。
「美味しい蕎麦を食べてみたい」という方は、ぜひ当店へお越しください。