蕎麦に含まれる栄養素について

2022/03/15

蕎麦にはさまざまな栄養素が含まれており、健康に良い食材として昔から親しまれています。
しかし、具体的にどのような栄養素が含まれているのか知らないという方もいるでしょう。
そこで今回は、蕎麦に含まれる栄養素をご紹介していきます。

▼蕎麦に含まれる栄養素
■ビタミンB群
蕎麦には、ビタミンB1やビタミンB2はが含まれています。
ビタミンB1は代謝アップや疲労回復に効果的で、ビタミンB2は髪・皮膚・爪・粘膜の健康を保つ働きがあります。

■ルチン
ルチンは、次のような効果があるとされています。

・コラーゲンを生成しやすくする
・認知症の予防
・血行改善
・血圧上昇を抑える

■食物繊維
腸内環境の改善に効果的な食物繊維は、便秘の改善・予防が期待できます。
また、高血圧や糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果的とされています。

■タンパク質
人間の体の約20%を占めるタンパク質は、筋肉や血液・臓器の調整に欠かせない栄養素です。
蕎麦にはそんなタンパク質が豊富に含まれているので、積極的に食べたい食材の1つと言えます。

■ミネラル
蕎麦には、カリウムやマグネシウム・リンなどのミネラルが含まれています。
カリウムには利尿効果があり、むくみの改善や予防に期待できます。
マグネシウムは筋肉を正常に動かすために必要な栄養素で、不足すると筋痙攣を起こすことがあります。
そしてリンは、骨の発達に必要な栄養素です。

▼まとめ
蕎麦にはさまざまな栄養素が含まれていますが、中でも健康に良いとされるものは次の5つです。

・ビタミンB群
・ルチン
・食物繊維
・タンパク質
・ミネラル

当店では、本格手打ち蕎麦をご提供しております。
ゆったりとした空間でおいしい蕎麦を堪能してみませんか?