蕎麦の賞味期限について

2022/01/13

どの食材にも基本的に賞味期限がありますが、賞味期限が数日のものもあれば数年のものもあります。
では、蕎麦の賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

▼蕎麦の賞味期限
蕎麦の賞味期限は、蕎麦の種類によって異なります。
たとえば、乾麺は1~2年・市販の生蕎麦は3~7日・手打ちの生蕎麦は約3日が賞味期限の目安です。
乾麺は比較的日持ちするので急いで食べる必要はありませんが、生蕎麦は購入後できるだけ早く食べるのがおすすめです。
ただし、上記の賞味期限は未開封のものに限ります。
保存状態が悪かったり一度開封したものは、傷みやすくなるので注意が必要です。

■賞味期限が過ぎても食べられる?
賞味期限は美味しく食べられる期間なので、1日で食べられなくなることはありまが、賞味期限から日が経つごとに味は落ちていきます。
保存状態によって、悪臭・変色・カビなどがすぐに出る場合もあるので、食べる前には必ずチェックしましょう。

▼できるだけ日持ちさせる方法
蕎麦は、保存方法によって日持ちさせることができます。
乾麺は涼しい冷暗所で保存し、開封したものは密閉容器に入れるようにしましょう。
そして生蕎麦の場合は、キッチンペーパーなどで蕎麦を包んで保存袋に入れ、冷蔵庫または冷凍庫で保存します。

▼まとめ
蕎麦の賞味期限は蕎麦の種類によって異なり、乾麺は1~2年・市販の生蕎麦は3~7日・手打ちの生蕎麦は約3日が目安です。
数日賞味期限が過ぎても食べることはできますが、生蕎麦はできるだけ早めに食べるのがおすすめです。
ただし、蕎麦に悪臭・変色・カビなどが見られる場合は食べないようにしましょう。